犬の毛玉の取り方・予防法 ポイントを押さえて愛犬の皮膚を守ろう!

最新ペットニュース
<!----> 犬に毛玉が!こんな時はどうすれば?

あれ?毛玉ができてる!

いつものように愛犬を撫でていると被毛の内側になんだか違和感が。フェルト状になった毛玉を発見。そのままにしておいていいものでしょうか?
  <目次>   犬に毛玉ができるとこんなことにも……

毛玉は皮膚炎の温床になったり、それを処理する際にも犬にとっては思った以上の苦痛が……。

人間の髪の毛であっても時には絡まって引っかかるということがありますが、全身被毛に包まれた犬の場合は毛玉が見つかることがよくあります。たかだか毛が絡まったくらいでしょ?と侮るなかれ。毛玉をそのままにしておくと、決していいことはありません。たとえば、以下のようなこと。 通気性がよくなくなる、また汚れがたまりやすくなることから炎症を起こし、皮膚炎につながることがある。 毛がつれてしまって皮膚が引っ張られ、歩きにくかったり、痛みを感じることもある。最悪、状況によっては皮膚が裂けることも……。 毛玉がひど……(中略)…… つブラッシングに慣らすようにトレーニングすることも大切だと思いますよ。

【関連記事】

記事を見る⇒
最新ペットニュース
うさぎは人間の言葉を理解するの?

<!– –> うさぎと言葉ではなく、目で会話する 私は、仕事柄、 …

最新ペットニュース
オオバクチヤモリってどんな生き物? 飼い方は? 餌は?

<!– –> TOP>ヤモリ>樹上性・住家性ヤモリの仲間>オオバ …

最新ペットニュース
金魚が動かない?!元気がないときの治療方法

<!– –> 金魚が動かない、元気がないとき、どうする? 金魚が …